toggle
2018-08-24 | ブログ

中心道出版いよいよスタート!

コンテンツプロデューサー時任 悟が編集長をつとめる出版社がいよいよ公開!

その名も、「中心道出版!」

 

 

 

「我は、ここにあり!」と宣言する、最高のツール

あなたが、世界に伝えたいこと
あなたが、何者で、誰のために、どのように貢献したいのか?

あなたの使命、想い、願いを世界に宣言する電子書籍。
あなたが、どんな想いを中心にして生きるのかを宣言する電子書籍。

それが、中心道®出版がプロデュースさせていただく、あなただけの作品です。

なぜ、電子出版なのか?

「本当に伝えたいことが書けないんだ」
「こういう見せ方は嫌だったんだけど、、、」
実は、ほとんどの作家が、ため息をもらしている。

しかし、これはある意味当然のこと。

たとえば、1冊の本を作るのに、いったいどれだけのお金が必要か?
どんなに少なく見積もっても、出版をするだけで300万円〜500万円のコストがかかると言われる。自費出版するのに、数百万円から1500万円程度の経費がかかってしまうのも当然のこと。

「1日、200冊」
さらに、今、日本では、1日に200冊もの本が出版されている。
実は、日本の出版界の構造上、次々に書籍を出し続けないと出版社の経営が成り立たないという現実がある。だから、毎日あふれるほどの書籍が書店に送り込まれている。

多額の経費をかけ、1日200冊、年間8万冊出る書籍の中で、売れる本を作らなければならない。となると、どんなに著者の意向を大切にしようとしても、「売れる本にする」ために、奇をてらったり、市場にウケる形にしたり、大げさになったり、、、と無理が生じることがあるのだ。

「著者が本当に語りたいことを、世界に伝えたい」
「本来の目的のためにプロデュースをしたい」

その最高のツールとして、私たちは電子書籍を選んだ。電子書籍なら、100%思い通りの作品を作り上げることが出来るからだ。

日本の國力を高めるコンテンツホルダー世界に解き放つ

中心道®出版編集長、時任 悟は各界で日本トップリーダーのプロデュースを担当。ご縁に恵まれ、10万部を超えるベストセラーや、10億円以上のビジネス構築などを実現、50作品を超えるAmazon1位の書籍プロデュースなど、数多くのプロジェクトが生まれた。

プロデュースに関わる以上、プロジェクトの成功は必要条件。
お金は大切。売上も大切。
しかし、それだけでは面白くない。

なぜなら、個人の収入や、会社の売上といった「自分の都合」だけでは、本来の可能性は発揮されないから。
ところが、業界のため、社会のため、国のためと、「大いなる目的」を目指すプロジェクトになると、心の底から湧き上がる情熱につながり、関係者の絆が深まり、想像を遥かに超える結果が生まれる。

大きな結果を残したプロジェクトの全てに共通するポイントがここにある。

「誰かのために」
「何かのために」

個を超えた目的へと、命を注ぐときに生まれる感動を、わかちあっていきたい。

そして生まれた言葉が、「日本の國力を高めるコンテンツホルダーを世界に解き放つ」
これが、私たちのビジョンである。

中心道®出版が誕生した瞬間

「日本の國力を高めるコンテンツホルダーを世界に解き放つ」ための出版社にふさわしい社名とは?

「名は体を現す」という言葉にある通り、出版社名も極めて重要なポイントだ。
出版社の立ち上げに向け奔走していたある日、その瞬間が訪れた。

「中心道®出版という社名は、どうだろう?」

中心道®創始者須田達史氏からの提案だった。
その場にいた関係者に電撃が走った。
これが中心道®出版が誕生した瞬間だ。

この重みを理解いただくためにも、中心道®とは何か?についてお伝えしたい。

中心道®とは、「武道の叡智を現代に活かし、日本から世界で活躍する人財を輩出する」教育プログラム。
経営者、作家、講演家などリーダー的ポジションにある人々が、毎年、全国から1000名以上も静岡県熱海市にある道場へ通い、稽古を続けている。
中心道®出版は、その名を継ぐ出版社なのだ。

武道の叡智とは何か?
「武道は、格闘術ではない」
ほとんど知られていないが、誰もが心のどこかで知っていることかもしれない。
そう、武道は、誰かを打ち破るための技術ではないのだ。

「武」という字は、「矛を止める」と書く。
相手を倒すためでなく、戦いを未然に防ぐための道、それが武道。

肚を練り、覚悟を決め、相手の氣を察し、流れを感じる。間を読む。
これらの、目に見えない潜在能力を磨くエッセンスが武道の中にある。

「業界平均の3倍の売上」、「1年で利益が57倍」、「全国トップ0.02%にランクイン」
中心道®で稽古を続けている塾生が、信じられないような実績をあげていくのは、武道を通じて自身を磨いているからだ。

中心道®出版の存在理由

現代の日本を観ると、自分の国に誇りを持てない人があまりに多い。
自分の産まれ育った家、地域、国に誇りを持てなければ、自分自身を信じる基盤がつくれない。マスメディアでは、政治不信がかきたてられ、日本の歴史は貶められている。これでは、自分の将来に不安を覚えるのも当然だ。
こうなってしまった背景には、さまざまな事情がある。
覆すことは簡単ではないかもしれない。

だからこそ、自己を超えて、誰かのために生きようとする、志ある人物の登場が急がれている。
オリンピックやワールドカップというスポーツだけでなく、自国の伝統、歴史を重んじる人物が、ビジネスやアートの世界で圧倒的な結果を示すことが、日本人の誇りを取り戻す鍵となる。

彼らは形ばかりの規則を嫌う。
彼らは現状を肯定しない。
彼らは、自社の利益を超え、地域のため、社会のため、業界のため、国のためと、本気で生きている。
そうでなければ、がんじがらめのルールの中に新たな仕組みを生み出せるだろうか?
混迷する未来に、希望の光を見せることが出来るだろうか?

「日本の國力を高める」などというと、毛嫌いする人も、誤解する人も、批判する人もいるかもしれない。
しかし、日本人の誇りを取り戻すのは、彼らにしか出来ない。

本来、私たちの祖先が大切にしていた、優しさや思いやり、ひたむきさや誠実さ、和をもって貴しとなす心。義に生きることを美徳とし、卑怯に生きることを恥とする精神文化を復活させることこそ、彼らとともに成し遂げるべき使命なのだ。

私たちは、そんな人たちのための本をつくる。

自分は未来を変えられると
本気で信じる人達こそが、
本当に未来を変えていくのだから。


中心道出版公式サイトはこちらを御覧ください

1 2 3 4 5 39
最近のコメント